ミュージカル『この道であい』
劇団かいぞく船

劇団かいぞく船は、静岡市内の小中高校生の役者を主体に、舞台作品を制作してきました。今年も短編ミュージカル『この道であい』を3月に路上で上演予定でしたが、コロナ禍により目前で中止となってしまいました。そして7月に再演を計画していましたが、こちらも最終的に「無観客公演」となりました。
しかし「厳しい状況下にあっても、希望を持って前に進もう」とする役者たちの姿は、今のこの世の中において少しでも「希望の光」となるのではないかと思い、ミュージカル作品のテーマと合わせて「無観客公演のダイジェスト」をお贈りしたいと思います。
「気持ちが晴れない一人の女。でも彼女の記憶の中にはたくさんの輝く時があった。その想いが今の自分を元気づけてくれる。そして再び、前を向いて歩いてゆけそう・・」

作・演出:佐藤剛史 音楽:福嶋尚哉 振付:望月優也 歌唱指導:朱雀真由美 映像:ann craft works 制作:伽藍博物堂 出演:小柳明依、相馬千颯、高橋璃子、玉木恵海、戸﨑花、南部依央菜、野田蒼介、野田萌花、深沢茉央、間宮光里、安田こころ、弓桁朱琴、勝見円
劇団かいぞく船FB(感想などはこちらへ):https://www.facebook.com/go.kaizokusen