フラウト・トラヴェルソとチェンバロによるバロック時代の音体験! ―静岡市と徳川家康―
青島由佳(フラウト・トラヴェルソ)・戸﨑廣乃(チェンバロ)

17~18世紀前半、ヨーロッパの人々を揺り動かしたバロック時代の音楽。
古典派、ロマン派と時代が進むにつれ、楽器の発展と共にその影を潜めていましたが、
20世紀以降、当時使われていた楽器の発見や忠実なレプリカが盛んに作られるようになり、
バロック音楽に新たな息吹が吹き込まれ、300年の時空を超えて当時の音を体感できるようになりました。現代フルートの前身であるフラウト・トラヴェルソと当時の鍵盤楽器チェンバロ。
バッハが思い描いていた音楽は、どのようなものだったのでしょう?

そして同じ頃、日本は江戸時代。
征夷大将軍として江戸幕府を開いた徳川家康ゆかりの場所が、静岡には数多くあります。
幼少の頃の臨済寺。大御所時代の駿府城。天寿を全うしての久能山東照宮など。
徳川家康も愛した静岡市の魅力をバロック音楽の調べに乗せてお届けします。


【制作】
青島由佳(フラウト・トラヴェルソ)  https://yuka-aoshima.com/
戸﨑廣乃(チェンバロ)  http://www.ongakuaobakai.com/
高野満好(演出)
夏賀勝男(撮影、音響、編集)

【撮影場所】
日蓮宗感應寺(静岡市葵区駒形通)

【曲目】
J.S.バッハ:G線上のアリア
J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲よりアリア
J.-M.ルクレール:ソナタ Op.9-7 ト長調より 第1,2楽章

J.S. Bach: Air on the G String (Suite No.3, BWV 1068 II. Air)
J.S. Bach: ”Goldberg Variations” Aria
J.-M. Leclair: Flute Sonata in G Major, Op. 9-7 I. Dolce  II. Allegro ma non troppo


【使用映像】

  • 静岡市葵区「駿府城公園」
  • 静岡市葵区大岩町「臨済寺」 
  • 静岡市葵区宮ヶ崎町「静岡浅間神社」
  • 静岡まつり (協力 静岡まつり実行委員会)
  • 廿日会祭例大祭 (協力 静岡市)
  • 大道芸ワールドカップin静岡 (協力 大道芸ワールドカップ実行員会)
  • 静岡市駿河区「久能山東照宮」
  • 日本平ロープウェイ
  • 日本平夢テラス